• ホーム
  • ご挨拶
  • コース案内
  • 料金案内(ベストレート)
  • イベント情報
  • レストラン
  • 練習場
  • 施設・観光案内
  • 宿泊案内
  • おみやげ
  • アクセス

ご挨拶

富士屋ホテル仙石ゴルフコース支配人 添田充

1917年(大正6年)、パブリックコースのゴルフ場として、富士屋ホテル仙石ゴルフコースは開場いたしました。パブリックコースとしては、日本で2番目(※)、東日本では1番に歴史のあるゴルフ場でございます。
欧米の一流ホテルに匹敵するステイタスを持つべきと考えた当時の富士屋ホテル社長の山口正造は、F・E・コルチェスター氏にゴルフ場の設計を依頼し、箱根仙石原の自然を生かした7ホールからの営業を始めました。
その後も様々な時代の移り変わりや自然の驚異を乗り越え、昭和10年に念願の18ホールの完成となりました。
多くの老若男女のプレイヤーがグリーンに立ち、最高のショットを放ち、ボールをカップに沈める。そこには数々の記録やお仲間との楽しい思い出が綴られ、それぞれが富士屋ホテル仙石ゴルフコースと共に今もなお心に深く刻まれております。
今後も皆様の記憶の1ぺージに積み重ねられるよう、従業員一同、皆様のご利用を心よりお待ちいたしております。

1番目は1913年(大正2年)開場の長崎・雲仙ゴルフ場

このページの先頭へ